はじめての設計製造向けVRの導入に最適なソリューション
GET VRLite FREE Tryal

特徴

VRLiteは基本的な機能のみを実装し、初めてのVRに適したソリューションです。

カンタン操作

必要最低限の機能のみを実装しているので、短時間で操作方法を習得できます。

体感的に3Dデータを把握

専門家や設計者以外でも直感的に3Dデータのサイズや形状を把握できます。

ネットワーク上から3Dデータをロード

Webやメールに記載しているリンクをクリックするだけでVR空間に3Dデータを表示できます。

利用シーン

Virtual Realityは的確な意図の伝達と情報共有に優位性があるので設計製造分野での応用に適しています。

実寸サイズの確認

モデリングソフトやCADで作成した3Dデータの形状やサイズ感をCADデータの単位系を用いて表示。

設計レビューの事前検証

設計レビュー前に部内・社内でVRLiteを使って簡単なレビューを実施。VR空間のキャプチャ画像を保存できるので報告書作成時にも使えます。

連携作業

先方に3Dデータをダウンロードさせることなく3Dデータを提示させることができます。

会議やプレゼンテーション

ZoomなどWeb会議アプリの画面共有機能を使ってVRLiteの画面の配信やプロジェクタに投影してミーティングを行えます。

デジタルカタログ

写真や図面だけではわからない現物もVRLiteを用いて3Dでわかりやすく提示。

レイアウト検証

機器や装置の3Dデータを読み込んで自由にレイアウトを検証。

操作方法

VRLiteはシンプルな機能なので操作方法も容易に習得でるので、はじめてのVR導入に適してます。

インタラクション

VRのユーザインタフェースとしてVR空間にメニュー(ボタン・スライダ等)を表示してインタラクションする方法もありますが、VRの初心者には使い慣れたインタフェースではありません。VRLiteのほとんどのインタラクションをコントローラのボタンで行うことでユーザビリティを担保しています。

3Dデータのロード

VRLiteでの3Dデータの読み込みは画面上でマウスの右クリックでメニューを表示し、”Load”を選択してファイルダイアログを表示して3Dデータを選択するだけです。3Dデータのフォーマットに合わせて、単位系や軸の方向(+Y Top もしくは+Z Top)を設定が可能です。

仕様

HMD,PCはお客様でご準備ください(お申し出があれば弊社で手配することも可能です)。

【読み込める3Dデータのフォーマット】
FBX, OBJ, GLTF2, STL, PLY, 3M

【稼働条件】
PC :  Windows10 64bit
HMD : OpenXR対応デバイス(Oculus Rift S , Oculus Quest2(OculusLink必須), HTC VIVE等)
HMDのOpenXRへの対応は各デバイスのWebページをご参照ください。
オプションで対応フォーマットの追加などが行えます。御社の仕様に合わせた各種カスタマイズについてはこちら らお問い合わせください。
【バージョンアップ履歴】
1.0.0 :  初回リリース
2.0.0 : OpenXRに対応
2.0.1 : 起動プロセスの修正、アイコンの変更
2.0.2 : デスクトップモードの追加

価格

下記ボタンからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

まずはVRLiteをダウンロード!

無償でお試しください。

  • 下記ボタンからVRLiteをダウンロードして御社の要求にお応えできるかお試しください。
  • WebViewe2 が必須です。WebView2 Runtimeはこちらからダウンロードしてください。
  • 御社所有のHMDに対応でしているか、3Dデータを読み込みできるか、等などお試しください。
  • 1回の使用時間は5分に制限されますが、何回でもお試しいただけます。
VRLiteのダウンロード!まずはお試し
お試しいただいた上で「このような機能が欲しい」などございましたら、御社の仕様に合わせて各種カスタマイズ可能ですのでこちら らお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

下記ボタンより資料請求、お問い合わせください

資料請求はこちら お問い合わせはこちら