3D CADデータを手軽にVR空間へ表示
GET VRLite FREE Tryal

特徴

3DCADデータの形状や大きさを実サイズで体感する設計製造業向けVRソリューションです。

カンタン操作

編集は一切不要。短時間で操作方法を習得できます。

体感的にサイズや形状を把握

図面では解りにくい作業態勢や安全性を体感的に把握できます。

利用シーン

Virtual Realityは的確な意図の伝達と情報共有に優位性があるので設計製造分野での応用に適しています。

設計レビュー

VR空間でイメージを共有することで情報・説明を補完し、設計業務の時短や開発費削減を行います。

作業環境のレイアウト検証

実サイズで3DCADデータをVR空間に表示し、図面だけでは解りにくい作業態勢や安全性を体感的に把握できます。

保守点検や技能継承

3DCADデータしか残っていない納品済み機器の保守点検方法の確認や教育をVR空間で実施します。

操作方法

VRLiteはオーサリング不要なので、導入したその日に使えます。

コントローラ

VRのユーザインタフェースとしてVR空間にメニュー(ボタン・スライダ等)を表示してインタラクションする方法もありますが、VRの初心者には使い慣れたインタフェースではありません。VRLiteのほとんどのインタラクションをコントローラのボタンで行うことでユーザビリティを担保しています。

3Dデータのロード

VRLiteでの3Dデータの読み込みは画面上でマウスの右クリックでメニューを表示し、”Load”を選択してファイルダイアログを表示して3Dデータを選択するだけです。3Dデータのフォーマットに合わせて、単位系や軸の方向(+Y Top もしくは+Z Top)を設定が可能です。

インタラクション

VRLiteの機能の一部

移動

様々な方向から見るための水平移動・飛行移動

3Dオブジェクトの移動

読み込んだ3Dオブジェクトを掴んであらゆる方向から観察

注釈付与

注目点を共有するため自由曲線をVR空間を空間内に描画

ポイントクラウド表示

別途ポイントクラウドオプションの導入が必要です。

点群データのロード

点群データ変換アプリ「PC2VPCConv」でPTSもしくはXYZフォーマットの点群データをVRLiteで読み込める方式に変換することで点群データをVR空間に表示できます
もちろん、形状データを合わせて表示したり、注釈付与や距離計測も行えます。

詳しくはこちらをご参照ください

仕様

HMD,PCはお客様でご準備ください(お申し出があれば弊社で手配することも可能です)。

【主な機能】

  • 単体の3Dデータの読み込み
  • 複数の3Dデータの一括読み込み
  • ※一度に読み込めるファイルサイズはPCの構成に依存します。
  • オブジェクト把持による幾何変換(回転・移動)
  • 幾何変換のやり直し
  • フリーハンドによる注釈付与
  • スクリーンショット
  • 歩行移動/Fly移動
  • 2点間の距離測定
  • 点群データ表示(オプション)

【読み込める3Dデータのフォーマット】
FBX, OBJ, GLTF2, STL, PLY, 3M

オプション(別料金)で対応フォーマットの追加や点群データの読み込みなどが行えます。詳しくはこちら らお問い合わせください。

【稼働条件】
PC :  Windows10, Windows11 64bit
HMD : Oculus Rift S , Oculus Quest2(OculusLink必須)
【バージョンアップ履歴】
1.0.0 : 初回リリース
2.0.0 : OpenXRに対応
2.0.1 : 起動プロセスの修正、アイコンの変更
2.0.2 : デスクトップモードの追加
2.1.0 : Sign in方法の見直し、移動方法の改良、注釈付与の追加、対応デバイスの変更
2.1.1 : VASフォーマットの改良、注釈削除機能の追加、ポイントクラウドオプション機能の追加、ライセンス認証の変更、Flyモードでの移動速度の変更
2.1.3 : Settingk機能の追加(初期カメラ位置設定、右ジョイスティック機能のOn/Off、床当たり判定のOn/Off、移動速度の調整)

価格

下記ボタンからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

まずはVRLiteをダウンロード!

無償でお試しください。

  • 下記ボタンからVRLiteをダウンロードして御社の要求にお応えできるかお試しください。
  • 御社所有のHMDに対応でしているか、3Dデータを読み込みできるか、等などお試しください。
  • Quest2を接続したお試しの場合は1回の使用時間は3分に制限されますが、Quest2を接続しないデスクトップモードの場合は時間制限がありません。
  • Quest2を接続したVRモードとデスクトップモードでは使える機能に制限があります。

資料請求・お問い合わせ

下記ボタンより資料請求、お問い合わせください

資料請求はこちら お問い合わせはこちら